1. HOME
  2. 管楽器系
  3. 女性サックス奏者「ユッコミラー」のYoutubeが狂ってる件
管楽器系
女性サックス奏者ユッコミラーのYoutubeが、狂ってる件

女性サックス奏者「ユッコミラー」のYoutubeが狂ってる件

管楽器系

219

僕もサックスを吹いていた時は、マイクをエフェクターに繋いでギターアンプから音を出したり、サックスを逆さに持ってサックス版ジミヘンとか言って吹いていて先輩に怒られたりしてました。
最近はエフェクターもサックスに繋ぎやすいものが出ていたりするし、便利な世の中になりましたよねー。あんまり使う機会がないのですが・・・というようなことを思っていたら、すごいことをやっている人がいました。女性サックス奏者のユッコミラーさんです。
演奏が超うまい上にピンクの髪に奇抜なファッションなので目立ってしょうがないんですが、そんな彼女がYouTubeでやっている活動がめっちゃ面白いんです。サックス奏者なら一度はやってみたい?と思うことがいっぱい。そんな動画を紹介したいと思います。

サックス奏者なら一度は吹くコナンくん

まずは普通のところから。こんな可愛くて演奏がうまい女の子になりたい!と思ってしまうくらい演奏がうまいんですが、その彼女がネットとの親和性が高いアニメの曲やボカロの曲などをYouTubeで演奏しています。アルトサックスを持っていたら一度は演奏するアニメサックスの名曲、コナンくんのテーマ曲もすごい演奏ですよ。音がしっかりしていて、小技もしっかり効かせています。中高生なんかは参考になのではないでしょうか。

体操しながらサックスを吹く

この辺から、ちょっと異質な感じになっていきます。ピンクの髪の女の子が、体操着を着てサックスを吹いている時点でシュールなんですが、さらに体操に近ずけようと動く動く。良いサックス奏者の子はマネをしないでくださいっ!ていう表記が必要かもしれませんwそれにしてもこれだけ動いていてよく演奏できるなと思う動画でした。

人参でマウスピースを作る・・・

人参を掘ってマウスピースを作る、サックス奏者なら誰もが一度はやったことがありますよね、なんてことはねーよ!とノリツッコミ気味に書き始めましたが、なんとちゃんと音がなるマウスピースが出来上がるからびっくりです。この子はサックスの演奏だけでなく、工作もうまいなー!と思ってしまいました。

チョコでリードを作る・・・

田舎に住んでいたものですから、「リード高いから裏庭の竹を削ってリードができたらいいのに!」と何度も思ったことがあります。けれどお菓子でリードって、考えたことねーよ・・・。という動画です。結果は見てのお楽しみですが、リードはちゃんと買ったほうがいいですね・・・・

ジョーロをサックスにする・・・

僕は金管楽器もやっていたので、ホースでホルンを作ったり、箒にマウスピース突っ込んで楽器にしたりと、アホなことやってました。サックスのマウスピースでやるのは難しいなと思ってやめたことがあるんですよね。しかし彼女はチャレンジします。なんとジョーロをサックスで吹けるように工作。本当にこの子、めっちゃ器用ですね。

まさかの川嶋さん登場・・・・

てっくんがジョーロを吹くと書いてあったので、誰?と思ったら、川嶋哲郎さんじゃねーか!超ベテランサックス奏者まで登場して、しかもジョーロ吹いてる。しかも真面目に楽器の解説まで。俺がおかしいのか、時代がおかしいのか。それともこれからのサックス奏者は、みんなジョーロを吹くのか。よくわからない世界になってきています。

カラーコーンを・・・

ここからは未知なる世界です。サックスにカラーコーンを刺すというありえないシチュエーション!しかも演奏する根性がすごいです。個人的に今度やってみたいと思います。会った事ないけど、やしろあずきさんからカラーコーンもらうかw

ヘリウムガスを吸ってサックスを吹く

ヘリウムガスを吸ってから演奏するとどうなるか。もうNHKの科学番組でクイズに出してもいいんじゃないかというくらい、崇高な文明の発展に貢献する、まさに実験。異次元の発想力に脱帽です。

10mのホースを楽器に・・・

ホースでホルンをやった僕がいうのもなんですが、ホースでサックスですね・・・これは音がなるのかなと期待しながら見てしまいました。

サックス奏者もYouTuberになる時代

サックス奏者も演奏だけでなく、いろんなことをしないといけない時代なんですね。というかYoutuberになりたかったんじゃないかなと。楽しんでされているようなので、そこはいいかなと思います。実際めっちゃ面白いので。これからも度肝を抜くような企画を楽しみにしたいと思います。
そして、できれは彼女の演奏をCDやライブで聞いてあげてください。演奏は本格派ですよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

検索

おすすめの記事